そろそろプロジェクターレンタル どのような機種を選べばいいか

多くの人たちがどうプロジェクターを選択していいかがわからないで困っているのではないでしょうか。現在、プロジェクターは、イベントなどでも有効的に活用出来る手段です。 プロジェクターレンタルを有効活用するためにも、プロジェクターの選び方の基本を学んでください。

プロジェクターの投影方式

プロジェクターは、ビジネスシーンやイベント、家庭のホームシアターなど現在、いろいろなシーンで活用されています。 おおかた、現在あるプロジェクターは、 液晶方式のものがあり、DLPのものがあります。 液晶プロジェクター(3LCD方式)は、液晶パネルで、ランプから出た光を赤、緑、青のカラーに分け、それぞれに液晶を割り当てて投影する方式です。 明るくキレイな映像を期待することができますが、このようなプロジェクターを選択した場合、液晶の反応スピードが遅い特徴を持ち、スピーディーな映像では残像が起きやすいです。 もう一つの方法としてDLPプロジェクターがあります。DLPプロジェクターは、 ミラーの方向を変えることによって光のオン・オフをコントロールし映像投影します。こちらでは残像は比較して起こりにくいでしょう。 ただし、このようなプロジェクターは、光をDMD(デジタルミラーデバイス)素子で反射させるから、回転するカラーホイールを通し映写し、レインボーノイズが起こることがあります。 更に、プロジェクターの形式として、LCOSプロジェクターに注目してみるのもいいでしょう。LCOSプロジェクターは、キャノン独自のテクノロジーであり、次世代映像素子・反射型液晶パネルです。

どのようなプロジェクターレンタルすればいいか

まずは、プロジェクター購入というのではなく、レンタルという形でプロジェクターがどのようなものなのか試すというのがいいのではないでしょうか。 そもそも、プロジェクターが欲しいものの、日常的には必要ないという方々も多いでしょう。そのような人たちも会議において、イベントにおいて、大型プロジェクターがあればいいと思うでしょう。 その時大型プロジェクターレンタルという方法を取れば、すぐに万全な状態の機械をレンタルすることができます。 もしも、みなさんがプロジェクターを購入してしまえば、日々メンテもしっかりしなければならないですし、いざという時に万全な状態で使うことができないで残念な結果になってしまうかもしれません。 つまりプロジェクターレンタルは私達にとってとても便利な方法なのです。